物販で稼いでモテる!?

中国のタオバオから輸入して転売する副業で稼ぐポイント3選!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
モテ転売コージ
モテ転売コージ
モテるために、お金を稼ごうと思って、物販に取り組み始める! 物販歴5年。現在は1日30分ほど働いて毎月100万円前後の利益を物販で出している。元パチプロのコミュ障。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、モテ転売のコージ(@mote_tenbai)です。

 
今は、本業の収入だけでは足りずに副業をする人が珍しくない時代になりましたね。

 
その大きな要因がインターネットの発達です。

 
 
ネットを使うことで、株やFXなどの投資を始めるのも簡単になりましたし、Youtubeで億万長者になる個人も出てきました。

 
そして、ネット上で“モノ”を販売して稼いでいる人も大量にいます。

 
この“モノ”を販売する物販が、難易度が低くお金を稼げる成功確率も高いです。
 
 
 
その理由については、下記の記事で解説してます。

 


 
そして、物販の中でも中国のタオバオから輸入して転売する方法は、利益率も高く稼ぎやすいです。

 
月に50万円、100万円という金額を稼いでいる人も数多くいます。

 
そのため、副業でタオバオから輸入して転売する人も増えてきました。
 
 
 
 
しかし、

 
「副業でタオバオ(中国)輸入に挑戦したいけど、どうやったら良いの?」
 
 
という、最初の壁で手が止まってしまう人もいるのではないでしょうか?

 
 
 
今回は、副業でタオバオから輸入して稼ぐポイントを3つに絞ってお伝えしていこうと思います。
 
 
この記事でわかること

  • 商品リサーチの方法
  • 参考にする出品者(モデリング)の見つけ方
  • 人に仕事を任せる外注化について

 
 
 

(ポイント1)商品リサーチの方法



 
まず、副業で物販を行うとなると、最もネックになるのが時間の確保です。

 
 
そんな中で、何時間も商品リサーチに時間を費やすわけにもいきません。

 
 
しかし、

 
「儲かる商品が、なかなか見つからない…」
 
 
という、多くの人に訪れる最初の壁があります。

 
 
 

カテゴリーは1つに絞る

 
では、このように副業で時間が確保できない人は、どのようにリサーチしていけば良いのか?

 
 
結論からいうと、販売するカテゴリーは1つに絞りましょう。
 
 
 
 
なぜなら、タオバオには色んな商品が売られているので、その中から仕入れる商品を決めるとなると、

 
「あっちも良いかな、こっちも良いかな…」
 
 
と悩んでしまうからです。

 
 
 
こうなると時間ばかりが過ぎてしまい、

 
「結局…何時間もリサーチしたけど、何も仕入れができそうな商品を決めることができなかった…」
 
 
ということになってしまいます。

 
 
商品を仕入れて販売しないことには、物販で稼いでいくことはできません。

 
 
 
もし、

 
「カテゴリーを何に絞っていいか分からない…」
 
 
という人は、レディースアパレルがオススメです。

 
 
なぜ、レディースアパレルがオススメなのかの理由は、下記の記事を参考にしてください。

 


 
 
 

私の失敗エピソード)カテゴリーを決めずにリサーチした結果…

 
私がタオバオから輸入を始めた頃は、Amazonで売れそうな商品をリサーチしていきました。

 
  • 自転車用品
  • コスプレ衣装
  • インテリア小物
 
などなど…色んなカテゴリーを行ったきり来たり…

 
 
こんな状態だったので、何を仕入れて良いのか分からず、その結果…タオバオから仕入れるまで(専業でやっていて時間はあるのにも関わらず…)1週間ほどかかってしまいました。

 
 
 
 

1つの商品カテゴリーに絞ると、複数の販路に広げやすい

 
そして、1つの商品カテゴリーに絞ることのメリットは他にもあります。

 
 
それが、複数の販路に広げやすくなることです。
 
 
 
 
例えば、メルカリやAmazonで販売するのであれば、色んなカテゴリーの商品を販売してても、そこまで違和感はありません。

 
 
しかし、

 
  • ヤフーショッピング
  • Wowma(ワウマ)
  • ネットショップ
 
 
これらの販路で、アパレル、カー用品、おもちゃ、などカテゴリーがバラバラだと、

 
「なんだ、この店…」
 
 
と、お客さんは違和感や不信感を感じてしまいます。

 
 
こうなると、商品は売れにくくなってしまうのです。

 
 
 

複数の販路に広げないと、物販で稼ぎ続けるのは難しい!

 
そして、一時的ではなく物販で長く稼ぎ続けようと思っているのであれば、複数の販路に広げていかないと非常に難しいです。

 
 
なぜなら、1つの販路、1つのアカウントで販売し続けていくのは非常に不安定だからです。
 
 
 
 
何が不安定なのかというと、

 
  • 売り上げ
  • アカウント停止、突然のルール変更
 
主に、この2つです。

 
 
 
 
 
 

1つの販路、1つのアカウントだけの問題点

 
まず、売り上げについてですが、1つの販路、1つのアカウントで販売するより、複数の販路、複数のアカウントで販売していく方が露出度も上がるため売上も上がっていきます。
 
 
 
逆に、1つの販路、1つのアカウントだけでは売上も上がりにくく、最悪の場合…売上が0になることもあります。

 
 
それが、「アカウント停止、突然のルール変更」です。

 
 
 
メルカリなどのプラットフォームは、突然のルール変更があるので、それに違反していれば最悪アカウントが消されてしまいます。

 
 
 

YouTubeでの事例

 
例えば、最近だとYouTubeで、ラファエルさんという、チャンネル登録者が200万人くらいのユーチューバーのチャンネルがBAN(アカウント停止)されたことがニュースになりました。

 
 
チャンネル登録者が200万人もいるということは、ファンが相当数いるので、また新たなチャンネルを構築できるかもしれません。

 
 
しかし、物販(単純な転売)の場合、ファンになって買ってくれてる人は、ほぼいません。
 
 
 
 
「価格が安かったから…」
「たまたま欲しかったから…」
 
 
 
 
ほとんどのお客さんが、このような理由で買ってくれてるだけなのです。

 
 
 
もし、アカウントが停止になったりしたら、また0からのスタートとなってしまいます。

 
 
1つの販路に固執してればしてるほど、この状態から立ち上がるのは根気が必要です。

 
 
最初は経験値もないので、1つの販路からスタートするべきなのですが、売上が上がってきたら別の販路に広げてリスク分散をしていくことを強くオススメします。
 
 
 
 

(ポイント2)モデリングする出品者を見つける



 
そして、次のポイントが、モデリングする出品者を見つけることです。

 
 
 
指針となる出品者を見つけることで、

 
「どのように進んでいったら良いのか?」
 
 
をイメージしやすくなります。

 
 
イメージができると、すんなり行動に移すことができます。
 
 
 
逆にイメージができないと、何をして良いのか分からず行動に移すことができません。

 
 
 

モデリングする出品者を見つけるポイント

 
モデリングする出品者の見つけ方の重要なポイントをお伝えします。

 
 
 
それは、

 
「少し先を進んでいる出品者をモデリングすること」
 
 
 
なぜ、少し先の出品者なのかというと…

 
物販を始めたての初心者の人が、いきなりメルカリで評価が1000とか2000とか貯まってるアカウントを参考にしたとしても、経験値や条件が違いすぎるのでイメージできないからです。
 
 
 
 

少し先を進んでいる出品者は指針になりやすい

 
逆に、メルカリでの評価が50…100ほどの出品者の場合、条件が大きくかけ離れていないので、

 
  • どれくらいの価格帯で売れたのか?
  • どれくらいの数の商品を出品しているか?
  • どういうプロフィール文章を書いているのか?
 
これらを参考にすることができます。

 
 
そのため、向かうべき方向(指針)をイメージすることができるので、行動に移しやすくなります。

 
 
 

【3ステップ!】メルカリで少し先を進んでいる出品者の見つけ方

 
【ステップ1】タオバオ(中国)から仕入れが出来そうな商品を探す


 
下記の記事を参考に探していきましょう。



 


【ステップ2】評価が50前後〜100未満で中国商品を中心に販売している出品者を探す




 


 


 
【ステップ3】該当する出品者を複数ストックして指針となる出品者を1人に決める

ストックの方法は、エクセル、Googleスプレッドシート、ブックマークなど、自分が管理しやすい方法でOK。

 
 
1人に設定したら、

 
  • プロフィール文章
  • 売れ筋の商品
  • 商品説明文の書き方
  • 商品の価格帯
 
これらを参考にして、タオバオから仕入れてメルカリで販売してみましょう。
 
 
 
もし、チェックした出品者の中に、売れ筋の商品があれば、同じ商品を仕入れて販売するのもアリ。

 
まずは、商品を仕入れて販売してみるという経験値を得ることが大事。

 
 
 
タオバオからの仕入れ方法は、下記の記事を参考にしてください。

 


 
 
 

追い越したら、再度モデリングする出品者をアップデート

 
そして、モデリングした出品者を追い越してしまったら、また別の少し先を進んでる出品者を設定して、どんどんアップデートしていきます。
 
 
 
 
こうして実践を積み重ねていくことで、いつの間にか売上も上がり経験値も溜まっていきます。

 
 
 

(ポイント3)自分がやらなくても良い作業は人に任せて外注化する



 
物販は稼ぎやすいビジネスですが、

 
  • 商品リサーチ
  • 商品登録
  • 仕入れ
  • お客様対応
  • 梱包発送
 
このように、作業することも多いです。

 
 
 
そのため必要になってくるのが、人に仕事を任せる外注化です。

 
 
 

外注化しないとパンクして続かない

 
副業で物販の業務を全て1人でやっていくと、手が回らずに早い段階で限界が来ます。

 
 
例えばサッカーの場合、

 
  • 1人で、ゴールを狙って前線まで走り、
  • 1人で、守備をするために自陣まで戻り、
  • 1人で、ゴールキーパーまでする
 
こんな状態だと確実にパンクしますよね?

 
 
そのため、一度覚えて自分がやる必要がないと思った作業は、思い切って人に任せていくことが、物販で稼ぎ続ける上では非常に重要になります。
 
 
 
 
もし、何から任せて良いのか分からない…という場合は簡単な商品登録から任せてみましょう。

 
 
 

人を募集できるサイト

 
しかし、

 
「どうやって人を募集したらいいの?」
 
 
と思われる人も多いと思うので、実際に私が使ったことがあるサイトをご紹介します。

 
 
これらのサイトには、小さいお子さんがいて、外に働きに行きたくても働きに行けない主婦の方などが仕事を求めて集まっています。

 
 
他にも募集できるサイトはありますが、上記4つに人が集まっているので十分です。

 
 
 
実際に仕事を任せる人の募集方法や仕事の任せ方については、下記の記事を参考にしてください。

 


 
 

自分が働かなくても回る仕組みを作る

 
このように、外注化していき自分が働かなくても回る仕組みを作っていくことで、物販で長く稼ぎ続けることが出来ます。
 
 
 
逆に、副業という限られた時間の中で、自分一人だけで働き続けるとパンクしてしまい、早い段階で脱落していく可能性が高いともいえます。

 
 
これは物販に限らず、他のビジネスでも同じです。

 
 
それに自分が働き続けるビジネスより、人に仕事を任せて自分が働かなくても収入が入ってくるビジネスの方が続きますし、それを望んでいる人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

 
 
物販は作業内容が単純なため、人に仕事を任せやすいビジネスです。
 
 
 
そして、中国のタオバオには仕入れ単価が安く日本にはない商品が大量にあるので、副業をしたいと思っている人には非常にオススメです。

 
 
 

まとめ

 
 

副業でタオバオ(中国)輸入に挑戦したいけど、どうやったら良いの?

副業チャレンジャー


副業で中国輸入で稼ぐためには3つのポイントを抑えておく必要がある。

モテ転売


 
 
(ポイント1)商品リサーチの方法

  • カテゴリーは1つに絞る
  • カテゴリーを絞らないと目移りしてしまって仕入れがなかなか出来ない
  • 1つの商品カテゴリーに絞ると複数の販路に広げやすい

 
複数の販路に広げないと物販で稼ぎ続けるのは難しい!

  • 売り上げ
  • アカウント停止、突然のルール変更
これらの影響により、1つの販路、1つのアカウントで販売し続けていくのは非常に不安定
 

 
(ポイント2)モデリングする出品者を見つける

少し先を進んでいる出品者をモデリングすること
 
⇛(理由)どのように進んでいったら良いのか?がイメージしやすいため
 

 
メルカリで少し先を進んでいる出品者の見つけ方【3ステップ!】

  1. タオバオ(中国)から仕入れが出来そうな商品を探す
  2. 評価が50前後〜100未満で中国商品を中心に販売している出品者を探す
  3. 該当する出品者を複数ストックして指針となる出品者を1人に決める

 
(ポイント3)自分がやらなくても良い作業は人に任せて外注化する

特に副業の場合、時間に余裕が無いので外注化しないと手が回らずにパンクしてしまう。
 
 

 

 
物販で長く稼ぎ続けるには、人に仕事を任せて自分が働かなくても収入が入ってくる仕組みを作ることです。
 
 
 
 
今回の内容は、中国のタオバオから輸入して転売して稼ぐというのはもちろん、物販で稼ぎ続けるために必要なポイントを解説していきました。

 
 
特に外注化を行わないと、副業、本業に関わらず、稼ぎ続けることはほぼ不可能です。

 
 
そして、物販は“モノ”という価値があるものを販売するため、初心者の人には稼ぎやすいビジネスです。

 
 
 
その中でも、中国のタオバオなど単価が安いところから仕入れて販売することで、利益率も高く稼ぎやすくなります。

 
 
副業をやってみようと考えている方は、ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。

 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
モテ転売コージ
モテ転売コージ
モテるために、お金を稼ごうと思って、物販に取り組み始める! 物販歴5年。現在は1日30分ほど働いて毎月100万円前後の利益を物販で出している。元パチプロのコミュ障。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテ転売 , 2019 All Rights Reserved.