物販で稼いでモテる!?

中国から商品を仕入れて転売したい人必見!中国からの仕入れ方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
モテ転売コージ
モテ転売コージ
モテるために、お金を稼ごうと思って、物販に取り組み始める! 物販歴5年。現在は1日30分ほど働いて毎月100万円前後の利益を物販で出している。元パチプロのコミュ障。
詳しいプロフィールはこちら
こんにちは、モテ転売のコージ(@mote_tenbai)です。

 
 
物販(転売)で稼ごうと思うと、できるだけ仕入れ単価を抑えたいと誰もが思うことでしょう。

 
 
しかし、日本、アメリカ、ヨーロッパなどから商品を仕入れるとなると単価は全体的に高いです。

 
 
そこで、候補として上がってくるのが中国です。

 
 
私達の生活には、多くの中国製商品で溢れています。

 
 
その大きな理由は、日本や欧米の商品に比べて、中国製品は単価が安く仕入れたり、作ることが出来るからですね。

 
 
しかし、中国から仕入れるとなると、

 
 
  • 品質は大丈夫だろうか?
  • ちゃんと日本に届くんだろうか?
  • どうやって仕入れたら良いんだろうか?
 
 
などの不安がある人も多いでしょう。

 
 
 
そこで、今回は5年前から中国から商品を輸入している私が、中国からの仕入れ方法を解説していきます。

 
 
 

中国の主な仕入先

 
中国というのは、日本に比べると面積も人口も桁違いですね。

 
そのため、仕入先というのもたくさんあります。

 
 
しかし、中国には「アリババグループ」という、超巨大企業がネット通販で圧倒的シェアを占めています。

 
 
そんなアリババグループが展開している、3つの仕入先を今回はご紹介します。

 
正直、この3つの仕入先だけでも月に100万円以上稼ぐことは可能です。
 
 
 
 

タオバオ

 
 
アジア最大のショッピングサイト。

 
 
中国国内におけるEC市場の取引総額、約80%以上のシェアを占めている人気サイトです。

 
 
このタオバオの商品だけを仕入れて、販売するだけでも十分なくらい何でも売ってます。
 
 
 
タオバオは、CtoCという個人間取引が基本ですが、法人の出店も多いです。

 
日本での個人間取引のサービスといえば、メルカリやヤフオクなので、それに近いイメージです。

 
 
 

アリババ

 


 
 
このアリババにも、相当な数の商品が販売されています。

 
そして、タオバオより価格が全体的に安いです。
 
 
その理由が、アリババはロット買いの店舗が多いからです。

 
 
簡単に言うと、このロット買いというのは、

 
  • 2点以上買わないと売らない
  • 5点以上買わないと売らない
 
という売り方です。

 
(※タオバオは1点から購入可能です)

 
 
アリババはBtoBという法人間取引が基本ですが、個人でも問題なく仕入れできます。

 
 
 

天猫モール(T-mall)

 
 
天猫モールは、3つのサイトの中では最も価格が高めです。

 
それは、BtoCという法人と個人間取引であるからです。

 
 
そのため、この3つのサイトの中で商品の品質と評価も若干高めになります。
 
日本でいうと楽天市場のようなイメージ。

 
 
 

仕入れる商品の探し方(画像検索)

 
それでは、ここから実際に中国から商品を仕入れる方法を解説していきます。

 
 
 
タオバオなどで商品を見つける時に、最も便利なのが画像検索です。

 
 
ここでは3パターンの画像検索をご紹介します。

 
 
 

画像検索パターン1)タオバオの画像検索

 
まず、タオバオの画像検索を使用する際の注意点ですが、必ず中国版のタオバオを使う必要があります。

 
 
下記のように、日本版のタオバオになっている場合は、中国版のタオバオに変更しましょう。

 
 
 


 
 
 
すると、下記のように検索窓の右部分にカメラマークが出てきます。

 
 
 
 
 

タオバオの画像検索を使って商品を探す

 
それでは、実際にタオバオの画像検索を使って商品を検索していきましょう。

 
今回は、下記のグレンチェックのトップスをタオバオで検索していきます。

 
 
 
画像検索を行う際は、カメラマークをクリックして画像をアップロードします。
(※画像をドラッグしての検索は不可)

 
すると、下記のように複数のショップが検索にヒットしました。

↓↓↓

 
 
 

画像検索パターン2)アリババの画像検索

 
これもタオバオ同様に、中国版のアリババを使う必要があります。

(※中国版のアリババは、左に1688という数字が記載してあります)

 
 
検索方法はタオバオと同じです。
 
 
 

画像検索パターン3)香港版Googleで画像検索

 
Googleの画像検索を使っても、タオバオ、アリババ、天猫モールの商品を見つけることが出来ます。

 
中国にはGoogleがないので、香港版のGoogle画像検索を使います。

 
 
 
日本版のGoogleの画像検索を使っても、タオバオなどの商品を見つけることは出来ますが、日本のサイトが上位に表示されるため見つけにくいです。

 
 
 
【日本版のGoogle画像検索】


 
一方、香港版Googleの画像検索を使うことで中国のサイトが上位に表示されるようになるので見つけやすくなります。
 
 
 
 
【香港版のGoogle画像検索】
 


 
 
そして、ページ内の検索をすることで、更に見つけやすくなります。

 
ページ内の文字を検索する方法

Windows:Ctrl + F
Mac:command + F


 
検索する文字

  • taobao
  • 1688
  • tmall

 






 
 
 

ショップの評価

 
中国から商品を仕入れる際は、必ずショップの評価をチェックして仕入れるようにしましょう。

 
 
 

タオバオのショップ評価のマーク

 
 

ハート1 評価4~10コ
ハート5 評価151~250コ

ダイヤ1 評価251~500コ
ダイヤ5 評価5,001~10,000コ

王冠ブルー1 評価10,001~20,000コ
王冠ブルー5 評価200,001~500,000コ

王冠ゴールド1 評価500,001~100,000コ
王冠ゴールド5 評価10,000,001以上

 
※このマークはお客さんからいい評価をもらうと1ポイント加算され、悪い評価をもらうと1ポイント減る。



 
なかには、ハートランクのお店でも、対応の良い信頼できる店舗はありますが、取引件数が少ないため注意が必要です。

 
 
まずは、ブルーの王冠以上の店舗からの仕入れを行うことをオススメします。
 
 
 
 

タオバオショップ評価の補足1→ 詳細内容の評価

 
先ほどの信頼度表示マークをクリックすると、更に詳細のショップ評価を確認することが可能です。

 


 
①の内容

宝贝与描述相符:商品に対する評価(商品の説明や送られてきた商品について)
卖家的服务态度:タオバオ店舗の対応についての評価
卖家发货的速度:商品到着までのスピードの評価


②の内容

「卖家信用评价展示」というは、このタオバオ店舗の評価。
「卖家信用评价展示」=「評価」は一定の集計期間で下記の3段階で表している。


 
好评:良い(1ポイント)
中评:普通
差评:悪い(マイナス1ポイント)


 
この評価のポイントが、(王冠などの)評価マークに影響しています。

 
 
 

タオバオショップ評価の補足2→ チャットのオンライン表示

 


 
 
タオバオの商品は「阿里旺旺」(アーリーワンワン) という、チャットを使って店舗の担当者へ在庫確認など行うことが出来ます。

 
(※アーリーワンワンのマークがグレーの時はオフラインです)
 
 
もし、1日中オフラインの店舗は連絡が困難となり、在庫確認等が行えないので商品の到着が遅くなります。

 
そのため、できるだけオンラインのショップを探しましょう。
 
 
 
 

タオバオショップ評価の補足3→ 取引件数をチェック

 
 
交易成功数 → 直近30日間の取引数。
 
 
 
取引数が多いということは、在庫がある可能性も高くなります。

 
 
以上の内容を参考に、仕入れる商品を決めていきます。

 
 
 

タオバオショップ評価の補足4→ 天猫モール仕入れ

 
 
タオバオ内では、天猫モールのショップの商品が、検索にヒットする場合があります。

 
 
天猫モールのショップは、タオバオより信用度が高いショップが多いです。
 
 
 
 
しかし、タオバオに比べ金額が高いショップも多く、天猫モールのサイトからは画像検索も出来ないので、タオバオの補助的に使う程度で問題ありません。

 
 
 

アリババ仕入れとショップ評価のマーク

 
 
アリババは、複数のロットでないと仕入れが出来ない店舗が多いです。
 
 
 
 
 
 

中国からブランド品は絶対に仕入れない

 


 
 
中国から商品を仕入れる際に最も気をつけなければいけないことは、ブランド品のコピー品を仕入れてしまうことです。

 
中国は言わずと知れたコピー大国ですので、タオバオなどでもコピー品が売られています。

 
そのため、ロゴなどが入った商品は仕入れない方が無難です。
 
 
 
ブランド品とは、何もルイ・ヴィトン、グッチなどだけではありません。

 
 
例えば、メルカリなどを見ると、Appleのロゴが入ったiPhoneケースを売られているのをよく見かけます。
 
 
しかし、AppleのロゴというのはApple以外は使ってはいけないので、Apple純正品以外は全てコピー品になります。
 
 
 

代行会社を使って仕入れる

 
仕入れる商品を決めたら、代行会社というところを使って仕入れていきます。

 
 
直接、タオバオのショップから仕入れることも可能ではあるのですが、相手は中国人のため、日本とは文化も言語も異なります。

 
そのため、トラブルに発展する可能性を大幅に減らすためにも、代行会社を使った方が賢明なのです。
 
 
それに、代行会社を使うことで、日本語でやり取りも可能になります。

 
 
 

代行会社とは?

 
ここで解説する代行会社とは、タオバオなどのサイトから商品を仕入れて、日本へ商品を発送してくれる会社を指します。

 
この代行会社を使うことで、

 
  • オーダーした商品が間違いなく届いたか?
  • 発送が遅いショップへ催促
  • 違う商品が届いた場合の交換、返品
 
これらも行ってくれます。

 
 
 
その分、自分で直接仕入れるよりも費用はかかってきますが、労力、時間を考えると代行会社を使った方が楽です。
 
 
 
 

代行会社の選び方

 
Googleで「中国 代行会社」と検索すると、色んな会社が出てきます。

 
 
そして、物販系のブログを見ても、オススメの代行会社というのは1人1人違います。

 
 
今回、私がオススメする代行会社は、

 
  • まだ中国から仕入れた経験がない
  • PCスキルも高くはない
 
このような初心者の方が圧倒的に多いと思いますので、その人達でも簡単に仕入れができる代行会社をオススメします。

 
 
 

初心者の方にオススメの代行会社2選

 
 
  1. タオタロウ
  2. チャイナトレーディング
 
 
なぜ、この2件をオススメするのかですが、

 
  • エクセルを使わずに買い物する感覚で簡単に仕入れができる
  • お問い合わせに対する返信が早い
  • 実際に私自身が使ったことがあり、全て問題なく日本に届いている
 
という理由からです。

 
 
 
実際に、代行会社タオタロウを使って、中国から仕入れる流れをコチラの記事で解説してます。



 
 
 

エクセルを使っての仕入れが手間

 
まず、エクセルを使って商品の仕入れを行う会社は非常に多いです。

 
 
しかし、これが結構な手間で、なかには商品の画像をエクセルに貼り付けたりする場合もあります。

 
 
私が中国から初めて商品を仕入れた頃は、エクセルを満足に使えなかったので、仕入れシートを完成させるだけで数時間かかりました。
 
 
しかも、最初だったので少量の商品数しか仕入れていないのにです。

 
 
一方、オススメの代行会社はどちらも商品のURLを入れると、下記のような画面が出てきます。

 
 


 
このように、Amazonなどで商品を注文するような感覚で仕入れができるのです。

 
 
 

PayPalアカウント作成

 


 
 
そして、商品の仕入れは、PayPal(ペイパル)という決済システムを使って決済を行います。

 
 
PayPalとは、インターネットを利用したオンライン決済代行サービスで、世界中で利用されています。

 
 
そして、PayPalを使って決済することの大きなメリットが買い手の保護です。

 
 
もし、商品が届かなかった時などに返金してくれます。
 
 
 
もし…

 
 
「物販にオススメのクレジットカードを知りたい!」
 
 
 
という場合は、下記を参考にされてみて下さい。

 


 
PayPalを使用するにはアカウントを作成する必要がありますが、無料で簡単に作成可能です。

 


 
 

まとめ

 
中国の主な仕入先

  • タオバオ
  • アリババ
  • 天猫モール

 
 
この3つの仕入先だけでも、月に100万円以上稼ぐことは可能。

 
卸仕入れなど、難しそうなことをやる必要はナシ。

 
 
仕入れる商品の探し方(画像検索)

パターン1)タオバオの画像検索
パターン2)アリババの画像検索
パターン3)香港版Googleで画像検索


 
 
商品を仕入れる際は必ずショップの評価を確認する

  • 評価を表すマーク
  • (届くスピードなど)詳細内容の評価
  • チャットのオンライン表示
  • 取引件数

 
※ブランド品は絶対に仕入れない
 
中国から商品を仕入れる際は、代行会社を使う方が楽でスムーズ。

 
 
 
初心者の方にオススメの代行会社

  1. タオタロウ
  2. チャイナトレーディング

 
この2件は、エクセルを使わずにネットショッピングするような感覚で仕入れができて簡単。

 
主に、PayPalを使って決済を行う。

 
 
 
以上の内容を理解しておけば、中国から商品を仕入れることが出来ます。

 
 
しかし、中国から商品を仕入れる際は、日本のクオリティーを求めてはいけません。
 
 
 
日本人というのは世界一品質やサービスにうるさいと言われています。

(これが良くもあり、悪い部分でもあるのですが…)

 
 
 
そのため、中国から仕入れを行う場合は「中国は日本とは文化や習慣も異なるもの」と割り切って仕入れを行いましょう。

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
モテ転売コージ
モテ転売コージ
モテるために、お金を稼ごうと思って、物販に取り組み始める! 物販歴5年。現在は1日30分ほど働いて毎月100万円前後の利益を物販で出している。元パチプロのコミュ障。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテ転売 , 2018 All Rights Reserved.